Message

「石けん」と「合成洗剤」の違い

「石けん」と「合成洗剤」、
”モノや肌を洗う洗浄剤”という意味では同じですが、
その違いをご存知ですか?
用途や形状の違いではありません。
そもそも、原料・製法・成分 などが異なる、まったくの別物なのです。

洗うもの全てが石けんという訳ではありません。

石けんの歴史

石けんの起源は約1万年前。人間が火を使うようになって、獣肉を焼いて食べることを始めました。その際、獣肉からしたたり落ちる油と木の灰が反応した土が、汚れを落とす土として発見されたのが石けんのはじまりと言われています。

天然素材だけを使った昔ながらの石けんは、その長い歴史が、人や環境へのやさしさを証明しています。
だから、私たちは無添加石けん にこだわります。

合成洗剤の歴史

第一次世界大戦中、ドイツは石けんの原料である油脂が欠乏し、石けん製造ができなくなりました。そこで開発されたのが、石油を原料とした合成洗剤です。日本では、1937年(昭和12年)に、ウール用中性洗剤として初めて市販されています。その後、第二次世界大戦後にアメリカの石油資本の生産増大、電気洗濯機の普及、アメリカ及びヨーロッパの硬水地区における石けんの欠点(石けんカス)などで、急速に合成洗剤が洗浄剤の主流に代わっていきました。アメリカでは1952年、日本では1963年に、合成洗剤の使用量が石けんの使用量を上回りました。合成洗剤の日本での本格的な歴史は約60年と、まだ短いものです。一方この60年で様々な環境問題や健康被害が取りざたされるようになりました。

POINT.01
原料について

「石けん」は、天然油脂もしくは脂肪酸から作られ、合成洗剤は石油や天然油脂から作られます。

石けん
天然油脂・脂肪酸
(牛脂・パーム油・米ぬか油など)
合成洗剤
石油や天然油脂

POINT.02
製法について

石けんの製法

石けんは、天然油脂(もしくは天然油脂が元の脂肪酸)を原料に、「ケン化法」もしくは「中和法」という製法で作られます。
天然油脂などの原料を苛性ソーダ・苛性カリと反応させることにより、石けんが出来上がります。
※シャボン玉石けんでは、天然油脂にある保湿成分が石けんに残る「ケン化法」にこだわって石けんを製造しています。

天然油脂(もしくは脂肪酸) + 苛性ソーダ/苛性カリ → 石けん

合成洗剤の製法

合成洗剤はその製造工程から、大規模な製造施設が必要です。まず石油からアルキルベンゼン・アルファオレフィン・高級アルコールといった合成界面活性剤原料を作ります。それに硫酸化(スルホン化)や中和といった複雑な化学合成を経て合成界面活性剤を作り出します。 さらにビルダー(助剤)などを添加し、合成洗剤を製造しています。
最近では「植物由来」といったふれこみで、天然油脂を原料にした合成洗剤も存在しますが、石油由来の合成洗剤と同様に複雑な化学合成を繰り返し、最終的には自然界には存在しない合成界面活性剤を成分としています。

合成洗剤も天然油脂から作れるのなら、どう見分ければいいの? 商品の「成分」表示を見てみよう!

POINT.03
成分について

石けんは、「石けん素地」や「カリ石ケン素地」、もしくは
「純石けん分(脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム)」という成分でできています。
合成洗剤は化学合成で作られた、合成界面活性剤が成分となります。
つまり、商品の成分表示を見れば
石けんか合成洗剤かは、簡単に見分けられるのです。

洗濯用・台所用の製品は品名表示で石けん合成洗剤の区別が簡単にできます。

合成洗剤の場合は品名に「合成洗剤」と表記があり、石けんの場合は「石けん」と表記があります。
また、合成洗剤と石けんが合わさった「複合石けん」というのもあります。

洗濯用製品の場合
(例)無添加石けん(粉石けん)
(例)合成洗剤
台所用製品の場合
(例)無添加石けん(液体石けん)
(例)合成洗剤

化粧品系商品(シャンプー・ボディソープ・ハンドソープ等)には石けん、
合成洗剤を区別する品質表示がないので成分を確認してください。

シャンプー
(例)無添加石けん(粉石けん)
(例)合成洗剤

つまり・・・、成分に『石けん』という文字がなければ
合成洗剤として見てほぼ間違いなし。

TOPICS
液体石けんの成分であるオレイン酸カリウムの抗ウイルス効果に関する論文が世界有数の総合科学雑誌「PLOS ONE」に掲載されました! 広島大と共同で新型コロナウイルスに対する石けんの抗ウイルス効果の研究結果を発表
合成洗剤に含まれる「合成界面活性剤」ってなに?

界面活性剤と”合成”界面活性剤とは

「界面」とは「境“界面”」という意味で、「界面活性剤」とは、油と水など、混ざり合わない物質の間にできる境界面(=界面)の性質を変え、混じり合わせることができるようにする物質です。シャンプーなどに使われる界面活性剤はこれらの作用から、水だけでは落とせないワックスやヘアスプレー、皮脂などを包み込んではがしやすくするのです。

合成界面活性剤は約2,000種類。その中には、PRTR制度※で“人の健康や生態系に有害なおそれがある化学物質”に指定されている合成界面活性剤もあります。

※PRTR制度とは

「人の健康や生態系に有害なおそれがある化学物質について、環境中への排出量及び廃棄物に含まれての移動量を事業者が自ら把握して行政庁に報告し、さらに行政庁は事業者からの報告や統計資料を用いた推計に基づき排出量・移動量を集計・公表する制度」をいいます。環境省がまとめた2018年度の資料によると、全都道府県における対象化学物質の届出・届出外排出量上位10物質のうち、4位と8位に合成界面活性剤(POE・RとLAS)が入っており、家庭からの届出外排出量を見ると、全体の半分以上が合成界面活性剤で占めています。

指定されている合成界面活性剤の一例

・アルファスルホ脂肪酸エステルナトリウム(MES,α-SF)
[2-スルホヘキサデカン酸-1-メチルエステルナトリウム塩] ・直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(LAS)
[直鎖アルキルベンゼンスルホン酸及びその塩] ・アルキル硫酸エステルナトリウム(AS,ラウリル硫酸ナトリウム)
[ドデシル硫酸ナトリウム] ・アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム(AES,ラウレス硫酸ナトリウム)
[ポリ(オキシチレン)=ドデシルエーテル硫酸エステルナトリウム] ・ポリオキシエチレンアルキルエーテル(AE,POE・R) [ポリ(オキシエチレン)=アルキルエーテル]

政府が石けんを「人の健康や生態系に有害なおそれのある化学物質」に指定しましたが、
シャボン玉石けんは次回見直しで取り下げを目指します

2008年の見直しでは候補から除外されています

2020年、政府は石けんを「有害物質」に指定しました。シャボン玉石けんは政府に意見書を提出しましたが、覆ることはありませんでした。
実は前回の見直し(2008年)でも、政府は脂肪酸ナトリウム塩の一部(ステアリン酸ナトリウムとオレイン酸ナトリウム)を第一種指定化学物質の候補にあげていました。しかし、研究者らが反対意見を提出したことを受け、「両物質は環境中では不溶性のカルシウム塩(石けんカス)になるので、水に溶ける限度以下の濃度なら毒性の発現がないと考えられる」とし、「生態毒性クラス外」に修正し候補外となりました。

石けんは生分解性が極めて高い

右記グラフは北九州市立大学が生分解性について調査した結果で、石けんは合成洗剤(LAS)に比べて生分解性が極めて高いということが分かっています。シャボン玉石けんは、石けんの生態系に対する安全性に関するデータをさらに取得し、検証結果を広く伝え、次回見直しで取り下げを目指します。

石けんは、排水として海や川に流れ出ると、短期間で大部分が水と二酸化炭素に生分解されます。
石けんカスも環境中に流れますが、微生物や魚のエサとなります。石けんは、生分解性に優れ、環境にもやさしい洗浄剤といえます。

政府に提出した意見書
石けんを「有害物質」に指定? 洗剤業界の思惑か(一部抜粋)

出典:週刊金曜日オンライン2020年4月2日 フリージャーナリスト岡田幹治

政府が石けんを「生態系に有害な物質」に指定したいと提案し、研究者や消費者が猛反対している。意見公募には多数の意見が寄せられたとみられている。
PRTR制度(化学物質排出把握管理促進法=化管法)は有害性のある化学物質を管理するための法律だ。人の健康か生態系に有害な恐れがあり、環境中に広く存在している物質を「第一種指定化学物質」(以下、第一種物質)に指定し、政府が環境への排出量などを把握して監視している。
 見直し案で消費者が驚いたのは「飽和・不飽和脂肪酸ナトリウム塩」と「飽和・不飽和脂肪酸カリウム塩」が候補物質に含まれていたことだ。
これらは動植物の油脂からつくられる物質で、石けんとして人間が昔から使ってきた。それをなぜ第一種物質に指定するのか。政府の審議会(厚生労働省・経済産業省・環境省の審議会の合同会合)は、実験室での「生態毒性」試験で水生生物に悪影響が出ており、生態毒性が「クラス2とクラス1」(上から2番目と1番目に強い)であることを挙げている。
 しかし脂肪酸ナトリウム・カリウムは微生物で分解されやすい性質があり、下水処理場や河川でほぼ100%分解される。この物質が河川や海で検出されたことはなく、この点でも指定要件を満たさない。

YouTube 動画で見る石けんと合成洗剤の見分け方

ミドリゾウリムシによる毒性実験

カイワレの生長実験

石けんと合成洗剤の見分け方実験